FC2ブログ

運動発達その1

こんにちは.
日中はかなり暑くなってきましたね.みなさん,体調は良い感じですか.
理学療法士 守山です.

先日,ある保育園の保育士の方から依頼され,乳児幼児の身体発達,についてお話しする機会を頂きました.

・ 簡単に転ぶ子が増えた.
・ 転んだときに手をつけず,顔をぶつける子が増えた.
という状況が増えているそうです. 
数年前,小学校でも,
・ 出会い頭でぶつかって怪我することが増えた.
・ 顔,頭部の怪我が増えた.
という状況であると聞いていました.

またトレーナーをしていて,ジュニア,小学生,幼稚園児の基本的な運動能力の拙劣さに驚いていました.

それをなおすためのきっかけ,環境作りのきっかけになると考え,保育士さんたちができること,やって頂きたいこと,をしっかり伝えたいと準備万端で向かいました.

トレーナーをやってて(もちろん理学療法でも同じなのですが),高校生,大学生をみる機会が多いのですが,身体能力をupしよう,改善しよう,といろいろ工夫してもなかなか効果がでない選手に良く出会います.

“なんでおなじことやって,この子は効果がすくないんだろう?”

と感じるくらい,同じトレーニングをやっても効果の発現に差がでることはありませんか?

“もともと持っている能力が違う??”
と,大学生なら,高校生に,
  高校生なら,中学生に,
と原因追及を進めていくと,だんだん若い世代に原因があるとわかってきました.
あっ,中学生に問題あるんだ,
とみていたら,中学生もたいへん.
あっ,中学生じゃない. 小学生に問題があるんだ,
とみていたら,小学生もたいへん.
となると,幼児?  いやいや,乳児!.
とだんだん問題が作られるのは小さい頃にさかのぼっていきました.
乳児,新生児を良く治療している作業療法士の先輩とお話ししていると,
“問題は生まれた直後から始まっている!”
とのこと!

胎内で無重力世界だった赤ちゃんが,生まれた瞬間から重力にさらされる.

重力の影響がいかに大きいか,わかる見解ですね.

あたら,筋力増強,で全ての身体能力を改善しようとする,訓練士,セラピスト,トレーナーは多いですが,筋力で重力には逆らえない! 身体を動かす主たるエネルギーは重力であり,筋力は動作のコントロールに関与している.
このことを認識するだけで,訓練効果,治療効果は格段にあがります!

あら,
話しがずれていきました.

戻して戻して...

運動発達.
これはいかに重力に逆らっていける能力があるか,ということです.
それが,順序良く獲得されていく過程.
本来,“順序良く”獲得されていく能力,なのですが,
ともすると,“順序飛ばし”をして,能力を獲得“してしまう”ことがあります.
これが問題になってくるのでしょう.

この“順序飛ばし”の影響は,すぐに出てこない事が多いようです. 影響は小さいのです. しかし,ちりも積もれば山となる. その小さい影響が,将来大きな問題に成長してしまいます. そして問題に気がついたときには,改善するために,多大な労力と膨大な時間がかかることになります. 問題は小さいときに解決しておけば,小さな労力と短い時間,で解決できます!

千里の道も一歩から.
小さなことからこつこつと(ちょっと違う?(笑))

いろんなことわざもある通り,問題は小さいうちに解決した方がお得!

それには,問題に気づかないといけません. そのために,Awake!
問題に“気づいて”ください. 
Awakeはその能力を高めます. その問題点を分かりやすくお伝えします. そして解決に結びつける.
つまり,対症療法ではなく,根治療法,ができるのです!

Awakeの利点!, 来た方だけ,施術された方だけ,体験できる事実でもあります!

まずはいらしてくださいね!

運動発達の詳細は,またいつか書きます.

全ては,みなさんの幸せのために.

守山でした.
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる